ニュース&プレスリリース|株式会社エクシオジャパン

ニュース&プレスリリース


  1. 北海道 仁木町よりGAKUDOU導入業務を受注しました


    ■学童保育向けICT「GAKUDOU」
    【詳しくはこちら】

    これまでに全国303施設の保育園・学童・子育て支援施設にHoic関連のICTシステムを導入いただいております。


  2. 定年退職制度の廃止について


    当社は、人生100年時代を見据え、2024年度より定年退職制度を廃止することを決定いたしました。
    この新しい取り組みにより、職員一人ひとりがその経験やスキルを最大限に発揮し、長期にわたり活躍できる職場づくりを進めてまいります。
    今後も当社では、職員がそれぞれのライフステージに応じた働き方を選択できるような制度や取り組みを推進し、全ての職員が輝く職場環境の実現を目指してまいります。

    【詳しくはこちら】


  3. 滋賀県野洲教室に親子英会話教室を新規開設


    この度、滋賀県野洲市に「親子英会話教室」を新たに開設いたします。
    このプログラムは、当社が運営するサンライズキッズ保育園で実施されている【2、3歳児での英検Jr®ブロンズ合格率50%〜80%を目指す英語教育】を、保育園に通われていないお子様とその保護者様にも広く提供するものです。
    この新しい親子英会話教室を通じて、親子のコミュニケーションが豊かになるだけでなく、子どもたちの将来にわたる言語学習の基礎を築き上げることを願っております。

    ■サンライズ親子英会話教室
    【詳しくはこちら】


  4. サンライズキッズ保育園 曙川園が開園しました


    2024年4月1日 サンライズキッズ保育園曙川園が開園しました。
    子どもたちが元気いっぱい、のびのび成長できるように見守ってまいります。
    また、地域の子育て支援にも積極的に取り組んでまいります。

    ◆サンライズキッズ保育園 曙川園
    大阪府八尾市都塚南1-30
    【HPはこちら】


  5. 浦安市より一時預かり予約システム導入業務を受注しました


    当社は一時預かり予約システムとして浦安市と契約を締結しました。
    当社が開発・運営を行う「一時預かり予約システムAZUKARI(アズカリ)」を提供し、一時保育の予約受付にて活用いただきます。


    ●AZUKARIとは?
    アズカリとは、一時保育の予約をWebで完結。いつでも申し込めるサービスです。
    保護者さまが休養や通院、用事などの理由でお子さまの面倒を見ることができない時に、1日数時間の間保育施設にお子さまを預けることができる保育サービスの運用をサポートする予約システムです。

    ●予約システムでできること
    預けたい地域での施設の検索、施設への利用登録申請、面談、空き状況の確認及び予約・キャンセル、メッセージ機能での施設とのやりとりまで一連の流れすべてをシステム上で完結することができます。

    【詳しくはこちら】

  6. 一時預かりWEBシステム「AZUKARI」運用開始について


    ●AZUKARIとは?
    アズカリとは、一時保育の予約をWebで完結。いつでも申し込めるサービスです。
    保護者さまが休養や通院、用事などの理由でお子さまの面倒を見ることができない時に、1日数時間の間保育施設にお子さまを預けることができる保育サービスの運用をサポートする予約システムです。

    ●予約システムでできること
    預けたい地域での施設の検索、施設への利用登録申請、面談、空き状況の確認及び予約・キャンセル、メッセージ機能での施設とのやりとりまで一連の流れすべてをシステム上で完結することができます。

    【詳しくはこちら】

  7. 新年明けましておめでとうございます。


    昨年度は保育を基幹事業とした企業として、新たにベビーシッター事業に参入いたしました。
    ベビーシッター・家事代行のマッチングサイトである「キッズ・パーク」を通じて、
    日本国中の子育て中の方が安心してお子さまを預けられるシッターさんと出会えるように、
    サービスを行ってまいります。

    保育園事業では茨城県、大阪府、奈良県、長野県に、そして今年は新たに大阪府に開園し、
    サンライズキッズ保育園グループは45園となります。
    サンライズキッズ保育園では、大学各分社の専門教授に参画いただきながら独自の保育カリキュラム制作に取り組んでおります。
    特にグローバルに活躍できる人材の基礎となる英語教育には力を入れており、
    小学校低学年レベルの英検(BRONZEテスト)の過程を2歳卒園までに身に着けることができるように、毎日英語の時間を設けています。
    このような保育に学びをプラスした最新の乳幼児教育は、サンライズキッズ保育園を利用している園児だけでなく、
    地域の子どもたちも参加できるように進めております。

    保育ICT事業では、これまでの保育士の事務作業負担を減らす目的のICTシステムを進化させ、
    一時預かり事業専用のシステムを開発しました。
    子ども・子育て支援法に基づいた一時預かり事業を管理される自治体様にご利用いただいています。
    利用者の皆様のニーズに合わせた改良を重ねて、より使いやすいシステムの開発を目指していきます。

    本年も未来に羽ばたく子どもたちのため、地域社会貢献のために一層の努力をしてまいります。
    今後一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げますとともに、皆さま方のご健康とご多幸を祈念し、年頭のご挨拶といたします。

Page Top