エクシオの人を知る

エクシオの人を知る
産休から復帰したワーキングマザー 産休から復帰したワーキングマザー

産休・育休を取得すると「職場復帰が難しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、当社ではそんな心配は無用です。
エクシオは女性社員の人数が全体の70%を占めています。だからこそ「結婚して子供を産んでもしっかりと活躍できる会社」を目指して、安心して職場復帰できる環境・制度を整えています。
産休から復帰して更にパワーアップした、3人のワーキングマザーに話を聞きました。

保育事業部 取締役部長外村 彩加

仕事内容保育事業部の部長として全国にある保育園の運営/管理をメインに行っています。
基本は本社での業務ですが保育園の現場に保育士として入ったり、保育士資格取得スクールの講師として教鞭を取ることもあります。

仕事の進め方の変化

時短で復帰したので以前より短い勤務時間かつ残業ができないなか、出産前よりも時間をすごく意識するようになりました。
正直なところ復帰前は残業して対応しようという考えに行きがちなところがありましたが、時間内で終わらせるために小さな案件の業務でも優先順位を必ずつけて判断しながら仕事を進めるようになりました。退勤時間になるとチームの皆が「時間ですよ〜!何か手伝いますか?」と声をかけてくださり本当に素敵な仲間に恵まれています。

家事との両立で工夫していること

仕事とプライベートをしっかり切り替えることは意識しています。あと、「無理な時はちゃんと言う」ことですかね。
休みの日に「今朝はもう少し寝させてほしい!」と、子どもの朝食などを家族へ完全にお願いすることも。できることはしっかりやる、難しい時は周りに助けを求める。一人で抱えすぎないことで仕事も育児も頑張れているので家族には感謝でいっぱいです。「完璧母ちゃん」を目指さないことで、うまく両立できているのかもしれません。

≪ある日のタイムスケジュール≫
6:00 起床、身支度と朝食準備
6:30 子どもを起こし一緒に朝ごはん
7:30 保育園 登園
8:30 出社
13:00 昼休憩
17:00 退社
18:00 保育園お迎え、スーパーでお買い物
18:20 帰宅
18:40 夜ごはん
19:40 お風呂、寝かしつけ
20:30 家事/片付け等
21:00 晩酌、読書など
0:00 就寝

保育事業部 サンライズキッズ保育園 大津園中島 愛里

仕事内容小規模保育園の施設長として保育園の運営管理と施設全体の運営、保護者様対応をしています。
そして園の責任者という立場にもあるので、何よりも子どもたちが安全に生活できるよう、より現場の保育士たちに近い立場で子どもたちに関わっています。

仕事の進め方の変化

私はもともと何事も要領が良い方で、少し時間があれば「今のうちにあれしよう!」「これしておいたら楽だな!」と考えながら生活しています。
仕事をしながら育児をすることはいかに要領良く動くか、スムーズに生活するには次にどうすればいいかを考えることだと思います。
また、仕事の時は仕事!家に帰れば子どもたちと精一杯向き合う!を意識しています。仕事でも家でも可愛い子どもたちに関わることが出来て幸せです。

家事との両立で工夫していること

正直言うと、不安はありました。一緒に働く同僚たちが一生懸命に頑張っている中で、育休をもらうことに申し訳ない気持ちもありました。
私がお休み中、園のことが気になり連絡したり、園に足を運び見に行くと、保育士たちは笑顔で「出産頑張ってください!」「お疲れ様です!」「がんばります!」と言ってくれて救われました。園の子どもたちのことを任せられる保育士たちで本当によかったと、すぐに安心することができました。
尚更、復帰してから保育士たちが保育しやすいように、子どもたちが安心して生活できるように、頑張ろうと思えました

≪ある日のタイムスケジュール≫
5:00 起床
8:00 保育園登園
8:30 出勤
17:30 退勤
17:50 保育園お迎え
18:10 帰宅
19:00 夜ご飯
20:00 お風呂
21:00 子ども寝かし付け
0:00 就寝

2005年入社/総務経理部 部長菅原 千佳

仕事内容経理総務部のリーダーとして、決算をはじめとした経理業務を中心に、経理総務業務全般を担当しています。
年々、会社の規模が拡大する中で難しい対応も発生しますが、規範となるように常に明るく前向きに取り組むことを心掛けています。

仕事の進め方の変化

保育園の最終お迎えが19:00とお尻が決まっているので、今日絶対はずせないことと時間に余裕があることの精査がうまくなったと思います。
残って終わらせればいいという仕事の進め方はできなくなりましたので、常に時間内に終わらせるためにはどう進めていくかを考えています。
また、とてもありがたいことに、MTG中などでも18:00を過ぎると、『お迎えの時間だよ!』と社長からお声掛けを頂くことも少なくありません。恵まれた職場だなと感じますね。

家事との両立で工夫していること

とにかく料理は時短!具材の切り方や熱の入れ方を研究し続け、今では15分でなかなか美味しいカレーを作れるようになりました(笑)
お休みの日にある程度下準備をして…という方もいらっしゃいますが、休日をしっかり休みたい私には向いていません。帰宅後40分でいかに充実した夕ごはんを並べるかに、楽しみすら感じています。とはいえ、週の真ん中水曜は疲れがちで、白菜を入れれば完成の中華丼やラーメンとおにぎりの‘菅原定食’などに走ります。
『できることをやる!完璧は目指さない!』この発想が私のいちばんの工夫かもしれません。

≪ある日のタイムスケジュール≫
6:00 起床・お弁当作り
6:30 朝ごはん
7:40 登校班送り出し・保育園登園
8:30 出社・始業前MTG
13:00 昼休憩
18:10 退社
18:45 学童お迎え・保育園お迎え
19:05 帰宅
19:45 夕ごはん
20:30 お風呂・寝かしつけ
21:30 映画鑑賞
0:00 就寝

2004年入社/制作部部長 兼 デザイナー竹之内 科奈

仕事内容制作部の部門長兼クリエイティブ課のデザイナーとして、様々なWEBサイトのデザインやチラシ・冊子・ポスターなどの制作・ディレクションと部門全体の管理業務を行っています。

産休と復帰までの流れ

出産直前の1ヶ月前まで勤務していました。お産が軽かったことと、家族からのサポートがあったこともあり1人目は産後半年、2人目は産後3ヶ月でスピード復帰しました。初出産後に復帰するにあたり、今までは11時~20時勤務だったものを9時~18時勤務に変更しました。

仕事の進め方の変化

以前は時間を気にすることもなく、定時を過ぎても仕事に没頭していることが多かったですが、出産前までと同じスピードでは時間内に仕事を終えることは出来ません。常に効率性を意識して、部下のスケジュール管理だけでなく自身の管理を徹底することにしました。仕事中は業務に集中し、家に帰ったら家族としっかりと向き合うことで生活にもメリハリが出たと思います。

≪ある日のタイムスケジュール≫
6:30 起床
7:45 登校送り出し
8:40 出社・朝礼・ミーティング
9:00 メールチェック、プロジェクト進捗管理
13:00 昼休憩
19:30 退社
20:30 帰宅・夕食
21:00 寝かしつけ(そのまま寝てしまう…)
24:00 一旦起床・入浴・洗濯・掃除などの家事
26:00 就寝